精力剤を買う前に安全性について学ぼう

精力剤の副作用が問題になることがあります。

一口に精力剤と言っても、実は3つの種類が存在します。
強精剤、勃起薬、強壮剤のそれぞれに副作用により引き起こされる被害も違ってきます。
このうち、医薬品に分類される強精剤と勃起薬で副作用の被害が確認されており、一般に健康食品に分類される強壮剤には人体への被害が出ないといわれています。

医薬品である強精剤・勃起薬は処方箋なしには購入できませんので、その点では心配ありません。
処方してくれる医師の指示に従って飲む限りでは危険は低いと言っていいでしょう。
しかし、個人輸入などで入手した場合に、副作用が発生するケースが相次いでいます。
海外で安価で販売されているバイアグラや精力剤は、そのほとんどが偽物ですので、どんな被害が出るかわかりません。

医師の処方を受けて購入して正しく使用する場合に注意すべき被害は次にあげたものとなります。
即効性のある強精剤では一時的な使用を想定しているため、長期的に使用すると、
男性器が委縮したり、精子の減少を引き起こすことがあります。
また、ホルモン剤と呼ばれるタイプは、体内で作られる男性ホルモン(テストステロン)を、体外から強制的に取り入れる形となるため、本来体内で作られるべき男性ホルモンの量を減少させることがあります。
バイアグラのような勃起薬と呼ばれるタイプでは、血管を拡張させる作用が、ほてり、動悸、頭痛、目の充血、肝機能障害などが副作用として起こることがあります。

精力剤はサプリメントですので被害はないとされていますが、含有されている成分によってアレルギーを引き起こす可能性があります。

どの精力剤にも副作用がありますので、先ずは精力剤被害レポート等のサイトで商品を調べ、目的に応じて正しい使用を心掛けましょう。