なぜサプリメントが必要なのか

みなさんに馴染みがあるサプリという言葉ですが、この名称は日本のみです。
サプリメントの略称であり、更には言えば「ダイエタリー・サプリメント(DietarySupplement)」が正式名称だったりします。

サプリメントと聞いて”健康的なお薬”と思っている人も多いと思います。
間違ってはいませんが、まずお薬ではありません。
サプリメントはわかりやすく言えば、栄養補助食品です。
普段の食事では摂取することが難しい栄養素を補うことができる食品になります。

そして重要なのは、食事の代わりになるものではなくあくまで食事の補助をするもの。
ダイエットなどを試みる人に多いのですが、食事の代わりにはならないのでご注意を。

国内の外食に関して言えば、ほぼ栄養素を取れていない、もしくは健康を損なう食品が多いのはご存じでしょうか?
加工食品が多く、添加物も多く含まれています。
このような食事を繰り返していては、十分な栄養素を摂取するということが困難な時代だと言えるかもしれません。
少しでも栄養素を定期的に補給するのはサプリメントの目的ですし、そのニーズもわかってもらえると思います。

忙しい国ほどサプリメントのニーズが高いという結果が出ています。
サプリメントが存在することはとても便利ですが、ちょっと複雑な気持ちにもなってしまいますよね。
サプリメントに頼り切った生活は賛成できませんが、有効利用することで健康的なカラダを手に入れるチャンスを意識してみてはいかがでしょうか?